トラッキングトレードレポ

トラッキングトレードの注文方法、システム停止方法、手動決済方法と稼げる設定方法のコツまとめ




 
本記事では、FXの自動取引システムであるトラッキングトレードについて、注文方法、システム停止方法、その他基本的な使用法を解説していきます。
  
 
トラッキングトレードは優秀なシステムですが、取引画面が非常に分かりにくいです。
 
これら基本的な知識とともに、稼げる設定方法も合わせてお教えします!
 
 

  

トラッキングトレードとはどんな取引システム?

トラッキングトレードとは、FXブロードネットが提供するFXの自動取引システムです。
FXブロードネット  

  

このトラッキングトレードをはじめ、ループイフダンやiサイクル2などの自動取引を総称して「リピート型取引」といいます。
  
  
リピート型取引を一言でいうと、
「ポジションを持ち続けるのではなく、システムが自動的に、一定の値幅の中で何十何百の売買を繰り返し、微細な利益を無数に積み上げてどんな小さな値動きも拾ってお金に変える」
というものです。
一言が長げぇ!
 
 
詳細はこんな感じです!
 
まず、普段私たちが自分の裁量(自己判断)でやっているのが、トレンド重視の裁量取引です。


出典:FXブロードネット 

 
上の図のような経験、FXを長くやっている人ならありますよね。
買おうか買うまいか迷っているうちに「ドンッ」と上がってしまう。
遅れて買ったときにはトレンドは終わっている。
いくら待ってももうそれ以上は上がらない。
 
とくにコロナ禍の現在は、まったく方向感のない行ったり来たりのチャートが続いています。
 
「コロナだからやることないわー、FXでもやるか」⇒
で、この方向感のない相場に資金を削り取られた人もずいぶんいるんじゃないでしょうか?
 
 
その点、トラッキングトレードやループイフダンなどの高速回転、微利益積み上げ系の「リピート型」と呼ばれるトレードシステムは、この「行ったり来たりのレンジ相場」に強いです。
 


出典:FXブロードネット 

 
1日中目を充血させて歯ぎしりしながらチャートを見ている僕のような人間には本当によく分かりますが、トレンドなんて一瞬です。
大抵トイレ行ってる間に終わっています。
レンジ相場が8割というのは大げさではないでしょう😔
 
 
それにトレンド重視取引は、待っている時間も長い。
いつもポジションを持って待っている間に大きく上げ下げしたりして、「ああ、下で買い直したい!!一回利確しておけばよかった!!!」と、損をしている気分になります。
 
トラッキングトレードは、そんな『ただ黙って見ているしかない無意味な上げ下げ』を拾ってお金に換えてくれるシステムです。
 
 
リピート型取引では、↓こんな風に「行ったり来たり」を予測して、先回りして罠を仕掛けるように待ち構えるスタンスを取っています


出典:FXブロードネット 

 

  
 上の図のように、一定の値幅内で、指標に従って注文を繰り返し行ってくれます。
  
 
大きな利益一発のために耐え続けるのではなく、このようにこまめに小さな上げ下げも拾って利益に変えてくれるようなスタイルの方が最終的な利益は大きかったりします
  
 
こうした自動取引スタイルが「リピート型取引」です。
  
  
  


 

トラッキングトレードの注文方法には2種類ある

これがFXブロードネットの取引画面トップページです。

 
この画面では、トラッキングトレードの他、「レート情報(ボックス)」から直接指値や成行等で手動で注文することもできます。
 
トラッキングトレードは、画面上部の「トラッキングトレード」をクリックすると別タブで開きます。それがこちら↓

 
この画面から、どこをクリックして良いのか多少迷うと思いますが、使用するのは「トラッキングトレードランキング発注」です。
 
 
左端の「トラッキングトレードを始める」をクリックすると、手動で設定できる画面に移行します。
また、「トラッキングトレードガチンコバトル」に参加しているトレーダーの実際の設定をそのまま使うことができるというものです。
 
 
この「ガチンコバトル」は、損益がちゃんと発表されている透明性のあるコンペティションですが、どうも絶対的に抜きん出たトレーダーはいないようです。
ただ、その中でも「チャーティスト」氏の成績は、いい意味でちょっと気になるところではありますね。
 
現在はガチンコバトル開催期間ではないので、今の調子が分からないのですが、来週以降、この方の損益もレポートで追ってみたいと思います。
  
 
 
現時点では、日々確実に、目に見える数字で結果を残しているランキングからシステムを選んでいきます。
 
  
 


 

「トラッキングトレードランキング発注」のコツ

では、「トラッキングトレードランキング発注」をクリックし、実際に注文していきます。
 
クリックすると以下のランキング画面が開きます。

  
期間は「1ヶ月」に設定しましょう
 
稼げる通貨ペアは目まぐるしく変わるものですし、例えば半年間のランキングで1位であったとしても、半年前の貯金で上位に居座っているだけで、現在は稼げていないことがほどんどだからです。
 
 
「通貨ペア」はもちろん「全て」、
ポジション方向は「すべての方向」にしましょう。
  
 
 リピート型システムの場合、トレンドが切り替わったら自分でシステム停止して売りと買いを入れ替えなければいけないものが多いです。
トラッキングトレードもその一つです。
 
ですから、「ほったらかしで儲かる」わけではないということですね。
 

注意ポイント


自動で売り買いを切り替えてくれるからといって、放置しておけばいいというマインドでは利益は出ません。
最低でも2日に一回、本気なら1日数回、ランキングをチェックして順位の入れ替わりを監視するのがポイントです。
1位が入れ替われば当然そちらに切り替えます。

 
  
特別な理由がなければ1ヶ月ランキングの1位を選択して問題ないでしょう。
  
 
通貨をクリックすると以下の画面が開きます。
 
 注文できる数量単位は1万通貨のみです。
 
 

 
初期設定では、「対象資産」欄には現在自分のFXブロードネット証券口座に入金している金額の全額が表示されます。
  
それでよければそのまま登録をクリックします。
 
金額を調整したい場合は「設定変更」をクリックします。
すると以下の画面が開きます。
 
ここの「対象資産」を変更しましょう。
 
入力した金額を基にシステムが自動的に、証拠金維持率も計算に入れた最大保有ポジション数を算出してくれます。
  
  
想定変動幅やトレンド判断のテクニカル基準も変えることができます。
ただし、すでにランキング1位の設定がされていますので、そのままにしておくことを推奨します。
  
  
金額の入力が終わったら右下の「テンプレート表示」をクリックし、元の画面に戻ります。
 
入力内容に間違いがなければ、「登録」をクリックして設定完了です!
  
 
 


  

トラッキングトレードのシステム停止方法

トラッキングトレードのシステム停止方法は分かりやすいです。
 

トラッキングトレードのトップ画面から「トラッキングトレードの照会・停止」をクリックします。
すると以下の画面が開きます。
 
停止したいシステムをクリックして、下の「選択」ボタンを押します。
次に表示されるウィンドウで「削除」をクリックして停止完了す。
 

注意ポイント

このとき、停止したシステムがすでに約定していたポジションは決済されず、そのまま残ります。残っているポジションは、停止したシステムのルールに従って処理(決済)されます。
もしくは、手動で決済することもできます。

 
では、次はその手動決済方法についてです!
  
  
 

 
 

トラッキングトレードの注文を手動で決済するには

トラッキングトレードで約定されたポジションを手動で決済する箇所は、ちょっと分かりにくい場所にあります。
 
 
手動決済はトラッキングトレードの画面ではできません。
FXブロードネットの取引画面のトップに戻る必要があります。
この画面ですね↓
 
この画面中の「ポジション一覧(ボックス)」 に現在保有中のポジションが表示されていますので、決済したい(もしくは指値指定したい)ものをダブルクリックします。
すると以下の画面が開きます。
 

 
「注文種類」の中の「クイックトレード」が成行決済です。
これを選択し、内容確認をクリックすると決済できます。
 
その他、指値・逆指値やOCO注文も出すことができます。
 
システムが約定したポジションに対して、手動で逆指値を設定するなんていう芸当もできます。
絶対に含み損を抱えたくないという人は試してみてもいいかもしれません。
  
  
  

 
 

まとめ

トラッキングトレードは、直感で選んで操作しやすいため、初心者向けのリピート型取引と言えると思います。
  
トラッキングトレードの取引結果は、今後週刊ペースでリアルな数値をレポートを報告していくつもりですので、こちらも参考にしてください!
  

FXブロードネット口座開設ページはこちら


 
  

-トラッキングトレードレポ

Copyright© 他力本願FX , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.