【実例画像有】ベテランしか知らない出会い系のメールやりとりを続ける方法。話題が続かないときの対処法まで徹底解説

この記事では、出会い系で会話(メッセージのやりとり)が続かない人のために、メールの書き方、雰囲気、タイミングなどをお伝えします。

あとは私が実際に女性とやりとりした際のメールのスクショも載せています。
 
私は基本的に、無料掲示板に投稿し、お返事をくれた女性とやり取りをするというスタイルを取っています。時間と料金の効率が非常に良いためです。
 
掲示板を使いこなす極意については、STEP2の記事をご覧ください。
まだ優良出会い系8選に登録していない方は、STEP1の記事を読んでみてくださいね。 
STEP1「【安全】人気の出会系アプリ・サイトおすすめ8選!」
 
STEP2「【有料級】ベテランしか知らない出会い系アプリ・サイト掲示板の本当の使い方」
 
 
それではまず、メールでの会話が続かない人の特徴を解説します。ここで当てはまったものを直せば、メール技術が改善します。
 


 

出会い系で会話が続かない人の特徴


 

ワクワクメールには伝言板というのがあって、女性のマイページに書き込みできるんですよね。
それが無料なので、男はこぞって書き込むのですが、この伝言板って他の男女ユーザー全員から見えてるんですよ。
 

 
ですから、男性ユーザーがどれだけ恥知らずで中身のないメッセージを公共の場所で発しているか、私よく存じております。
そりゃこんなんじゃメールでも返事来るわけないわと。
 
 
単純に顔が好みじゃなかった、とかで無視されたのであればどうにもできないので次に進むしかありませんが、態度や技術の問題であれば直せます。とくに態度は重要な問題です。
では具体的に見ていきましょう。
 
 
 

① 馴れ馴れしい

初手から馴れ馴れしく話したりしていませんか?
相手が10歳以上年下?そんなの関係ないですよ。
年上であるということは、相手の心にずけずけ入り込んでいい免罪符にはなり得ません。
 
「馴れ馴れしい」のと「打ち解けた口調」は違います。ある程度打ち解けた後のタメ口や踏み込んだ質問は距離感を縮めますが、信頼関係ができあがる前の踏み込んだ質問はただデリカシーがないだけです。
 
私の場合は女性には基本敬語ですが、ある程度仲良くなるとたいてい女性の方から「タメ口でいいですよ」と言ってくれますよ。
紳士的にいきましょう。
 
 
 

②返信を催促する

まさか、返事がないからってメール催促してませんよね…?
キモいから絶対にしないでください。
 
メールの返事が来ない原因として考えられるものは以下の通りです。
 
【返事が来ない原因】
1.単に女性が忙しい
2.あなたの文章がリアクションに困るようなものだった(返事のしようがなかった)
3.話題自体がおもんなかった
4.何か不快にさせることを言った
5.他にいい人が見つかった
6.嫌なメールを受け取ったなどで、出会い系自体が嫌になった

 
不快にさせるようなことを言った心当たりがあるなら謝るべきですが、何も心当たりがないのに「何か不快にさせること言った?言ってたらごめん」とかいうのは女々しいのでやめた方がいいです。
 
上記のどれが原因であろうとあなたが取るべき行動はどれも同じです。たった一つです。
  
返事がなかったら、2日間置いて何もなかったように違う話を始める
 
これだけです。
これで返事が来れば原因は1,2,3のうちのどれかでしょう。
私の場合は「忙しくて返事できなかったごめん」と向こうから言ってくれる場合もありましたね。
 
 
これで返事が来なければ4,5,6のどれかが原因だと考えられます。もう自分自身でどうにかできる範疇を超えていますので、潔く次にいきましょう
 
 
 

③会話を相手任せにする

意識的に会話を相手任せにする人だけではなく、なんとなく「相手から何か話してくれないかなー」とぼんやり喋っているだけの人も含まれます。
 
女性から話してくれるとは最初から期待しない方が良いです。
とくに初めのうちは100%男性側が話をリードしなければいけません。
 
だって、どうして見ず知らずの男を相手に女性が盛り上げる努力をしなければいけないんでしょうか?がんばるのは男の方です。
 
相手の返信が素っ気なくてもしばらく続けてみてください。
単に人見知りなだけかもしれません。私の場合、とくに年齢が離れているとなおさらそういう場合が多かったですね。
女性側の人生経験が少なくて、どう反応したらいいか分からないという場合も多いのです。
しばらく会話して、LINEかカカオトークのID交換に応じてくれるようなら、少なくとも嫌われてはいませんよ。
 
まずは相手に何かを求めず、ただ相手のことを知ろうとすることです。
 
女性のプロフィールは熟読してください。それが話のタネになります。ただし外見の話はしないでください。まだ早いです。
 
プロフに何も書いていなければ、まずは自分の好きなことを話のタネにしてください。そして、例えば映画だったら「〇〇って見たことありますか?好きな映画とかあります?」と立て続けに 訊いてもいいでしょう。
だってその映画を見たことがなかったら返事は「ないです」で終わりですからね。
LINEなら短文のやりとりでいいですが、メールはLINEのようにシームレスではないので、向こうもちまちまやり取りするのは疲れます。
 
大事なことは、相手に何も求めず、相手のことを知ろうとすることです。
それと、男性は客観的な話し方を好みますが、女性は感情の生き物ですので主観的な意見や話し方で成り立っています。
客観的事実だけではなく、なるべく自分がどう思うか、という感情を付け加えて話しましょう。
 
 
 

④ほんの少しの違和感や不快感で、女性は簡単にいなくなる

やりとりを始めたばかりの女性にとって、あなたは何物でもありません。
いてもいなくてもどっちでもいい存在です
それを、勝手に絆を感じて「相手も同じ気持ちだ」と勘違いしてしまうのが男の哀れなところです。
 
だからこそ、女生との最初の頃のやりとりで、「変な人だな」という違和感や、「デリカシーがないな」という不快感を少しでも与えてしまったら、女性は簡単にいなくなります
 
リアル世界の友達ではないのですから、仲直りのチャンスはゼロです。スルーされて終わりです。
 
そうなってしまった場合は仕方ないですので、次へ進むしかないのです。今度はもっと紳士的に。
 
 
 
 では次は、気になっている方が多いであろう「最初のメール」についてです。
 
 
 
 

出会い系で最初のメールでの会話、何を話せばいい?

  
私の場合は、ほぼすべてが自分の掲示板投稿にお返事をくださった女性との出会いで、自分からメールを送るのはどうしても会いたい女性が見つかったときだけでした。
 
私が自分からメールを送るときは、まず女性のプロフィールをとことん読みます。
 
そして共通の話題を見つけたら、その話題を出します。具体的に。
バンドであれば「これこれこういう曲が好きで、ライブにも行ったことがあります」とか。
最後は質問系で終わったほうがいいですね。「〇〇さんはライブに行ったことありますか?」など。
話し方は丁寧に。
 
例えそっけない返事でも続けていれば相手の気持ちもほぐれてくる場合が多いです。
そして仕事、趣味、休日の過ごし方、好きな食べ物と、同じように「自分の好きなものの話⇒〇〇さんは?」と続けていくうちに少しずつ仲良くなれるものです。
 
ずっと出会い系で会話していると出費がかさみますので、途中で良いタイミングを見計らって「LINEかカカオトークで話しませんか?」と持ち掛けるのがよいでしょう。
 
大事なポイントは、LINEかカカオか選べるようにすることです。
LINEは個人的なもので、出会い系の人を入れたくないと思っている女性が多いです。
対してカカオは、メインで使っている日本人女性はほぼいないので心理的ハードルが低く、応じてもらえる確率が上がります。
 
 

では次は、もったいつけててもあれですので、実際に会った女性とのやり取りメールをお見せします。
 
 
 
 

【画像有】出会い系での実際のメールやりとり例


 
ここでは、まず私がワクワクメールで実際にした女性とのやり取りを見ていただいて、後からメールのポイントとなる部分をお伝えしていこうかと思います。
 
↓こちらが実際のやりとりです。出会い系のメールって、保護しないと180日したら全部消えてしまうんですね。
たまたま保護設定してたのが残っててよかったです。コロナ中は自粛しているのでほぼすべての履歴消えてました
 
ワクワクの履歴は新しい方から残るので、一番下から読んでくださいね


 
 
やりとりが女性の方から始まっているのは、私が掲示板に出した「夜のアレのお悩み直接聞きます」といったような募集にお返事をくれたからですね。
 
最後にLINEを交換した後、彼女の試験が終わるまでやり取りして、試験後にお会いしました。生真面目な女性が秘めた欲望を解放した姿というのは素晴らしいですね。
 
 
成功した要因となった部分をちょっと箇条書きで書いてみようと思います。

  • 募集内容は変態でも、話し方は紳士的にと心掛けた
  • あくまで相手の利益を押し出した
  • 相手が長文使いだったので、自分も同じくらいの長さの文章を書いた(自分だけが長文で相手の文章が短いと不安になりますよね)
  • 彼氏がいるのに連絡してきたと分かっても変なイジりをせず何事もなかったかのように振る舞った
  • 途中、一度LINEID交換を断られたが受け入れた(ある程度信頼関係ができた後、彼女の方から教えてくれた)
  • 2日程度返信が来なかったが何も言わなかった(試験があると聞いていたので尚更)

 
文章の長さを相手に合わせるのは意外と大事かもしれませんね。
私も、相手が短文であれば自分も同じくらいの長さにしています。
女性は、自分だけが長文だったら不安を感じますし、自分だけが短文だったら相手の長文メールをめんどくさがるかもしくは引きます。
ペースを合わせることは大事です。
 
LINEの交換も一度断られていますが、話の内容があまりにリアルだったのと、写真が2枚送られてきてどちらも日常的な本物っぽい雰囲気だったので業者ではないと判断しました。ワクワクメールには女性キャッシュバック制度がないのでキャッシュバッカーはいませんし。 
LINEの交換は「ひと盛り上がりあってから」が鉄則ですね。
 
 
ちなみにこのメール相手の女性は、メールの中に出てくる彼氏と結婚しましたよ。
 
 
 
 

まとめ

メールを続けるコツは、まとめるとこんなところでしょうか。
 
・相手のプロフィールを読み込むこと
・相手の好きなこと、自分の好きなことをよく考え、話題にできそうなものを探す
・何かを求めることはせず、まずは相手を知ろうとすること
・初めは繊細に相手の気持ちを考えて。出会い系を使う女性は皆不安です。変な大学生ノリのイジりとかいらない
 
 
出会い系で女性とやりとりすることは、今にも崩れそうな砂の山を高く高く積み上げるのと同じです。
少しでも女性を傷つけたり不愉快にさせたらすぐにいなくなってしまいます。
あなたが「女性はいくらでもいる」と思っているのと同じく、女性も「男は他にいくらでもいる」と思っているのです。
 
 
それでも、どんなに頑張っても話が続かない女性というのはいます
私も例えば、20歳くらいの人生経験が少なくて音楽しか趣味がない女の子と飲みに行きましたが、ホントに盛り上がらなかったし私自身も楽しくなかった。
 
だから、あなた自身が楽しくないなら、続けなくたっていいんです。
会うこと、結果を求めることは大事ですが、どうしても合わない女性はいます。
そんなときは、「もっと自分に合う人がいるさ」と思って次にいきましょう
 
 
それでは、お読みいただきありがとうございました!
 

-婚活・恋活

© 2021 ALL ABOUT Powered by AFFINGER5